久々に過去を振り返りつつ。。

皆様、こんにちは!

朝晩はめっきり秋の様相で、木の葉も色づき始めましたね。

お元気でいらっしゃいますか?

なんか時々夢を見ます。。

以前直営のオーガニックレストラン四里四方(しりしほう)で働いていた(働いている?)時のことや、サービスをしている自分自身。。

また、今はもっぱら飲食店を利用させていただくばかりの立場ではありますが、そんなときでもいい意味でなんか冷やかな冷静な目で、お店のことやスタッフの動きなどを見てしまうことがあります。

それは旧職業病とでもいうものでしょうけど、まあそれはそれとして、便利に利用させていただけることにもっぱら感謝する気持ちが持てるようにもなりました。

四里四方をする前は、あまりそのような心境になったことはなかったような気がします。。

(気になる点について、以前は文句を言いたくなったりというか、そんなことはあったと思います。。)

そんなことを含めて、四里四方での約5年間の経験は、私という人間を大きく成長させていただく機会になりました。

一緒に仕事をしてくれたスタッフのみんな、お客様、関わった皆様に心より感謝の気持ちで一杯です!

特にスタッフのみんなにはお世話になりました。

一緒にいるときは、それが普通と思ってしまっていることもありましたが、今から振り返ると本当に感謝の気持ちがわき出てきます。ありがとう!(^-^)

さて、私がITの世界からコロッケ業界へ入り、そして四里四方をやるに至った経緯を簡単に振り返ってみようかと思いました。

長いですけど、よかったら読んでくださいね。

●先代から引き継いで

創業して間もなく30周年を迎えるコロッケ専門メーカー。

先代の父親からバトンタッチして10年。
(病気で当時の社長が継続できなくなり、サラリーマンとかけもちで手伝い始める。まさか後を継ぐということは全く考えていなかったこともあり。。)

思わぬ展開で、IT業界からコロッケ業界(?)へ飛び込んできた変わり者なんです。。

創業以来コロッケ専門メーカーとして、製造卸100%でやってきた。

引き継いだ当初は「とにかく仕事を取って来なければ」と無我夢中で仕事していたが、

やっているうちに、「どうせやるんだったら、小さなお子様にも安心してお召し上がり頂ける商品を、自信を持って世の中に提供していきたい!」という思いが強くなる。

●お客様に喜んでいただくために

そんな思いから、徐々にコロッケに使用する素材を出来る限りナチュラルなものを使用するように変えていくとともに、2007年1月、コロッケ揚げ売り専門店「玄華屋(ころっけや)」をオープン。

その直営店専用の無添加素材だけで作ったコロッケを、地域の方に提供し始める。

また、食の幅・会社の幅を広げるとともに、地域の方にお喜び頂ける場を作りたい、という思いから、2007年6月に「オーガニックレストラン四里四方(しりしほう)」を立ち上げる。

「赤ちゃんからおじいちゃんまで、幅広いお客様に安心して美味しい料理を、本当にリラックスした雰囲気で、
またちょっと身体が不自由な方、アレルギーや食事制限などをお持ちの方、そんな方も含めて家族みんなで気楽に行けて、

行き届いたサービスで、お料理は有機野菜、無添加材料を中心に、素材の味を生かし、手間暇は惜しまず掛けた美味しいお料理を普段のお食事から、お祝い事、お客様をお連れして、など多くのシーンでも使える。

そんな店を作って、多くの皆様に喜んでいただきたい!!」

そんな思いとコンセプトでスタートした。

お昼は「無添加コロッケ食べ放題ランチ」、「本格フレンチやイタリアンのランチ」、「パティシエ手作りのスイーツ」、

夜は「有機・国産野菜を使ったディナーコース」、「本格フレンチやイタリアンのディナーと有機ワイン」などを展開し、話題を呼ぶ(自称? ^^;)。

現在は約5年の営業を機に一旦閉店(休業)。今後チャンスがくればまたぜひ再開したいと考えている。

なお、「糖尿病の方向けコース」「腎臓病の方向けコース」「高血圧の方向けコース」「アレルゲン対策メニュー」など、旧四里四方では企画段階までであったが、家族みんなで楽しんでいただきたい!という四里四方の使命として、新四里四方ではぜひ実現したいと考えている。

●経営に対する思い

経営に対する思いは、「食を通じて、幸福を提供する企業」。従業員をはじめ、関わる皆様にお喜びいただける会社でありたい。

小ロット(1,200個~)でオリジナルコロッケをお作りさせていただくなど、何かと小回りを利かせることが得意であり、それを生かして皆様に喜んでいただくこと。

「食」という毎日の生活で欠かすことのできない商品に関わらせて頂いている中で、弊社はコロッケで皆様の利便性や健康面、美味しいという笑顔でお客様のお役に立てるよう、日々努めていきたいと考えている。

●現在の取り組み

本社工場が手狭となりキャパがオーバーしてきていること、時代の流れに合った設備の導入なども視野に入れて、近年中に新工場へ移転したいと考えている。

まずは新工場への移転を実現し、安定化させること。

※食品安全マネージャー候補さん、お待ちしております。

(その後に、チャンスがあれば、新四里四方のオープンを実現したいと考えている。)

●将来

川上から川下までの、

・農業・漁業(農家や漁師の方との提携、あるいは自社農園などの形)

→流通(自社または外部委託)

→加工(本社工場での生産あるいはメーカー様と提携)

→販売・サービス(玄華屋や新四里四方という店舗、ネット販売など。一部卸もあり)

→消費 

という一貫した流れ(安全な食品の川上から川下までの流れ)を自社で取り組みたいとも考えている。

●最終目標(こうなったらいいな~)

(当初、旧四里四方がそのイメージ・卵でもあったが)

最終的には「食と幸福のテーマパーク」を作ってみたい。

縁があって食という仕事に携わらせていただいていること、そして、関わる方がそれぞれ持っている才能や能力(天命というのかもしれません)をより感じ、発揮できるようになること。

イメージとしてはディズニーランドのようでもあり、来場した方が皆楽しめて、そして、自身の能力を発揮できるきっかけとなる場になれば、と思っている。

(なぜかそのようなイメージが湧いてくるので。。)

というあたりでおしまいです。

久々に、振り返ってみたりしてみました。

では今日も素敵な一日を!